忍者ブログ
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[12/25 卵]
[03/10 まさきち]
[03/01 カサカサ]
[02/17 まさきち]
[01/06 蒼空]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ソラノ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
忍者ブログ | [PR]
日常をつらつらと。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「死なない男に恋した少女」の七巻が発売されてまだ数日ですが、既にいくつかのお手紙や拍手メッセージを頂き、ありがとうございます。

思えば一巻の発売当初は内容が内容だけに、感想メールも罵詈雑言の嵐じゃなかろうかと魂三センチくらい抜ける想いで戦々恐々していたのですが、予想に反して温かいお言葉の数々を頂き、本当に涙が出るくらい嬉しかったことを今でも覚えています。魂も元に戻りました。

次シリーズも、現在、鋭意企画進行中でして、ぼくがトチらなければ今年中には出せるんじゃないかな……という感じです。もし無理でしたら、その時はふがいなくて息絶えた、と思って下さる様お願いすると共に、ザオリクの用意をお願いします。

ところであとがきに書いた「番外編」ですが、何人かの方から「やらないんですか?」というお声を頂いています(笑)

ぼくもやりたくはあるんですが、こればかりは色々事情が絡んでくるので、なんとも言えないところです。はい。
アンケートがすっごく集まったら、実現するかなーと思うのですが。
そんな感じです。
PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
続編猛烈希望デス!
七巻までばっちり読み終わりました!
二人の掛け合いが自分は大好きです。
ぜひとも続編よろしくお願いします!
スライム 2010/08/03(Tue) 13:07 *edit
無題
前回本屋に行きましたが見つけられませんでした・・・ これだから田舎は!
休みを見つけて早く買いに行きたいです

「続編」の話はすごい気になります(笑)
E 2010/08/04(Wed) 09:05 *edit
無題
スライムさん>
ありがとうございます! これからも頑張ります!
続編はぼくもよろしくお願いしたいところです!

Eさん>
やはり……やはりか! なんか、結構そういう話を周囲から聞きます。非常に申し訳ないです。

続編は、人気次第ということで(笑)
ソラノ 2010/08/08(Sun) 01:01 *edit
りんちゃんは
七巻後もまだ好きでいるんでしょうね、クギクギを
、、、、、、、
volfog 2010/08/10(Tue) 22:09 *edit
はじめまして
はじめて手に取ったラノベが
死なない男に恋した少女
でした。
ラノベにハマると同時に、ラノベ作家を志すようになってしまいました。
そうです。身の程知らずとは、僕のことです!

何が言いたいかと言うと、空埜先生……責任、取って下さいね(照)/////





すみません。
調子に乗りました。

もう、ふざけません。
前置きまでして何が言いたいのかというと

ありがとうございました

です。
はじめて手に取ったのが先生の作品で良かったです。
本当にありがとうございました。
色々言葉を尽くしたいのですが、それらを綯い交ぜにして、先生には、この一言
に尽きると思い、短いですが「ありがとうございました」。

それと

すみません

礼を言いに来るのが遅くなってしまい
手紙でなく、コメントなんて横着をしてしまい
労いではなく、一方的な自己満になってしまい
お時間を取らせてしまい
不躾なコメントになってしまい

本当にすみません。

以上が用件です。
パソコンになれていない為、歪なコメントとなってしまい申し訳ありません。
これからも先生を見ています。

日射病
日射病 2010/08/12(Thu) 22:36 *edit
無題
volfogさん>
初めまして&いらっしゃいませ!
りんは多分、まだ狗斗が好きだとは思います。
ただ自分が恋人となるよりも、あの二人が一緒に居続けることが、自分にとっても幸せだと思っているのではないでしょうか。言い訳ではなく、本心で。
彼女はそういうことを何の衒いもなく想える子ですので、将来、きっと誰かいい人が現れると思います。応援してあげて下さいね。

日射病さん>
とても特殊なHNですが(笑) 初めまして&いらっしゃいませ!
死なない男~が初めて手にとったライトノベルであるということ、それをきっかけに作家になりたいと思われたこと、とても恐縮であり、有り難い話だと思います。
ぼく自身、十数年前に読んだ小説がきっかけで物書きを目指し始めた身であるため、自分が同じように誰かのその「始まり」になれたことをとても嬉しく思います。
どのような形であるにしろ、こうしてわざわざコメントを頂くことはぼくにとって何よりの力となります。謝ることなんて絶対にありません。ありがとうございました!

日射病さんにいつまでも読んで頂けるよう、全力で頑張りたいと思いますので、宜しければ応援お願い致しますね。

後、責任はとるのでいつか作家になったら声かけてください。一杯奢らせて頂きます(笑)
ソラノ(管理人) 2010/08/13(Fri) 00:40 *edit
嬉しいです!
返事頂けて光栄です!
ご厚意誠に痛み入ります。

迷っていたのですが、決めました!
HJの門を叩いてみようと思います。
HJは僕の母であり、先生は僕の父ですから、両親を訪ねるつもりで頑張ります。
三千厘なんてもんではなく、ライバルまでいて、遠く、険しい道なれど、今度は先生に会ってお礼をいい、一杯飲んで頂く為、夢を叶える為に頑張ります。
先生は奢ってくれると言ってくれましたが、僕が奢らせて頂きます。
独り立ちしたら、親(先生)に報いるのは子の役目ですから!

活力だけではなく、新たな目標まで頂き、空埜先生には頭が下がるばかりです。

目標もこの瞬間も、ただの思い出で終わらす事にならないように尽力しますので、頭の片隅にでも日射病の名を覚えてて欲しいです。
分を弁えぬ上あつかましい願いである事は、重々承知の上です、どうぞご容赦下さい。

日射病にいつまでも~というのは心外です!
まるで僕が先生を見なくなる可能性があるみたいじゃないですか、信者の執着心を示す必要があるようですね ニヤリ(笑)

長々と駄文に付き合って頂きありがとうございました。
先生と交わす一時は、身に余る光栄なのですが、先生の邪魔をするのは望む所ではないので、誠に遺憾ながら、ラストコメントとします。

最後にいちファンとして、僭越ながら意見させていただきます。
先生のエグイ話が僕は好きです。
エグさを凌駕する、一種のカタルシスを得られるようなユニークな発想は魅力的です。
次回作、おおいに期待しております。

ありがとうございました。







日射病 2010/08/13(Fri) 03:16 *edit
無題
書店で妙なタイトルのライトノベルを見つけ、中をちらっと見てユニークな設定に大喜びし、遂には全7巻揃えて読んでしまいました。まともに小説を読んだのは久しぶりです。面白かったですねぇ。

時に、番外編をやるなら、ワキにスポットを当てた短編集が読んでみたいです。りん、ハル、お姉さん、ボス、絶津姉妹に、恭子視点のクギトとの日常、ってな感じで。

ではでは。
ヨコハ魔の怪人@謎の人形造形師 URL 2010/08/15(Sun) 23:09 *edit
読了~
最終巻、やっと読み終わりました(すいません、遅くて)。気分は最初から最後まで「あ~終わっちゃうな~。もうちょっと続けばな~」と思いながら読んでしまいました。本当にお疲れ様です。
番外編についてですが、「読んでみたい」って気持ちと「新シリーズもいいなー」って願望がせめぎあっております。ワガママですみません。
これからも執筆がんばってください。応援してます。
ハマキ 2010/08/20(Fri) 17:01 *edit
無題
ヨコハ魔の怪人@謎の人形造形師さん>
すごいHN第二弾だ! お買い上げ、ありがとうございます! もったいないお言葉で御座います。

そうですね。番外編をやるとすれば、りんやハル、日常的な部分をほとんど描けなかった雪華姉のプライベート部分とかを書いていきたいなーと思います。実現できるかは定かではありませんが(笑)
次回作も、是非是非、宜しくお願いします!

ハマキさん>
読んで頂き、ありがとうございます! もう少し読みたかった、というご意見、よく頂きます。嬉しいです。
でも一応、考えていた通りの流れで終わることが出来たので、そこのところでどうにかこう、なんやかんや満足して頂けると幸いです(笑)

番外編は、出来たらいいなー的なレベルなので、新シリーズの方を期待していてください!
ソラノ(管理人) 2010/08/24(Tue) 00:29 *edit
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 空ノブログ ] All Rights Reserved.
http://sorano.tosalog.com/